ぽんこつにっき

ぽんこつなジャニオタの記録です

フィルター越しに見た空の青 〜おはようからおやすみまでXYZ=repainting/SexyZone〜

3分で勢いに任せて書いたので、

どうか1分くらいでさーって読んでください。

 

 

 

 

横浜アリーナを出た帰り道に歩道橋から空を見上げて聴きたくなる

♪「フィルター越しに見た空の青」

 

結婚式の最後のムービーにぴったりな壮大なスケールのラブソング!まず何よりも5人の声が綺麗。どこまでも続く青空と健全なカップルの笑顔が似合うとてもまっとうに作られた名曲。たぶん実際もそんな「日常の中の大きな愛」をイメージして作られたんじゃないかなあ、と思う。頭では理解している、わかってるんだけど。

 

そう、これは私と自担の曲。全ジャニオタにおたくとして生きる人生のテーマソングに推薦したい一曲です。

「君がフォルダーの中で笑っているから今日も1ミリだけ前に進めたんだ」この一文に私が風磨くんに出会った意味が全て込められてる。1ミリなんて本当に本当に小さな一歩だけど、その1ミリをくれるひとにこうして出会えたことは何より大きい奇跡だよ。

ムービーにして眺めたくなる恋なんて一度もしたことないけれど、ジャニオタじゃないと見られなかったであろう景色はいつだって脳内で映画みたいに流れてる。気持ちの持ちようで見える色はいくらでも変わるということを「フィルター越しの」青が教えてくれる。私もセクシーのフィルターを手に入れたら毎日が少しずつ楽しくなったしいろんな人に出会えた。たぶん現場の帰りに聞いたら死ぬほど泣けてくると思う。横アリで空の写真撮る自分の姿が見える。

 

そして、そんな日が来ることは当分ないと思うけれど。私のオタ活のエンドロールはこの曲と決めました。ほんとうに、キミなしじゃ見れない景色だらけだったよ。これからも忘れられない空をたくさん見せてね。